ジスロマックは細菌性のある病気に対して効果のある抗生物質となっています。主に皮膚科や歯科など幅広い領域の感染症に用いられます。ジスロマックを服用することで細菌によって化膿している部分などの殺菌を行います。

ジスロマック、歯科の写真と細菌のイラスト

ジスロマックと風邪とトノスについて

男性ホルモン軟膏剤のトノス は、早漏防止や男性ホルモンの不足にも役立ちます。男性ホルモンの天然型のテストステロンと、局所麻ひ剤を配合しています。医薬品は亀頭冠にすりこんで使います。こうすることで、局所麻ひ剤の作用が働きますから、射精遅延化の作用につながります。男性ホルモンの作用がありますから、ホルモン分泌不足での精力減退とか、遺精や勃起力減退、それに男子更年期障害の改善に役立ちます。ジフェンヒドラミン塩酸塩の抗ヒスタミン成分配合で、アレルギーを考慮しています。

ジスロマックの大きな特徴として、医薬品の服用は1回だけでよくて、その効果は7日間も続くところです。ジスロマックの医薬品は、服用をするのは基本は1回だけです。これは経済的な点でも負担が少ないです。ジスロマックの医薬品のいいところは、一般的なお薬を飲むよりも、体内への副作用が少なめという点でしょう。副作用が少ないというのは、医薬品服用でも安心になりやすいです。

風邪をひいたらできることは、身体を休ませることです。医薬品を服用してウイルスを殺せるものではなく、症状は収まりますが、風邪の場合は自然治癒力がものをいいます。つまり、水分を飲んで寝ているのが一番です。食欲が全くないなら、無理して食べなくてもいいので、とにかく横になって眠ることです。人間の体は睡眠中に、いろいろな機能が修繕されて、回復するようにできています。人間が思っているよりも、毎日の睡眠はとても重要であり、健康を維持するためにも、回復させるためにも必要です。そのうちに熱も下がってきて、食欲も出てきます。そうしたら、食べたいものを食べましょう。お粥しか食べてはいけないといった、つまらないルールはありません。