ジスロマックは細菌性のある病気に対して効果のある抗生物質となっています。主に皮膚科や歯科など幅広い領域の感染症に用いられます。ジスロマックを服用することで細菌によって化膿している部分などの殺菌を行います。

ジスロマック、歯科の写真と細菌のイラスト

副睾丸炎で尿からクラミジアが検出ならジスロマック

睾丸が腫れて痛いということを感じると誰もが危機を感じるでしょう。腫れや痛みを感じていることに加えて、熱も出ているともなると感染症の疑いが強くなります。片側の睾丸で炎症が起こる副睾丸炎は感染によって生じる病気の一つとして知られているものであり、放置しておくと陰嚢全体が腫れてしまって歩くことすらままならなくなることもあります。さらには両側の睾丸に広がってしまうと無精子症になってしまって男性不妊に陥るリスクも有ることが知られています。こういった症状が出てきてしまった場合には泌尿器科に行って検査を受けることが大切です。その代表的な原因病原体として知られているのがクラミジアであり、性行為感染症の一つとして知られています。クラミジア感染によって尿路感染が起こるとしばしば痒みや排尿時の痛み、残尿感といった症状が表れますが、軽微であってあまり自覚できないということも珍しくないのが特徴です。そのため、気づかずに放置してしまって副睾丸炎のような危険な自体になってしまってから検査や治療を受けるということになる場合もあります。検査自体は尿からクラミジアを検出することができるため、尿検査によって簡単に感染の有無を知ることができるでしょう。治療についても抗生物質によるクラミジアの除去を行いながら、湿布などによって炎症を抑えるというのが一般的であり、それによって一週間程度で症状も改善し、数週間で完治することができるようになっています。この際に用いられる抗生物質として典型的なのがジスロマックであり、一回だけ服用することによって完治できてしまうことが多い強力な抗生物質です。若い世代に多い疾患であるため、注意しておくことが大切でしょう。